子どもと一緒に暮らす親の心得

 

 

 

楽しい生活を送った日々に終わりを告げ、別な暮らしが待っているということ、先のことは誰も考えていないのです。
ですが、一緒に暮らしていくうちにお互いの意見の食い違いがでたり、子供に対する扱い方に変化が見えてくると家族で生活していくことは難しくなります。
子供の親権をどちらが取得しても心得ておかなくてはならないことは沢山あります。

 
子供と一緒にいくらしていくにも新しい環境になった場合のことを真剣に考えてあげないといけないのです。
大人は、ある程度心得ていますし仕事をしていれば色々なことを忘れて集中することができます。

 
しかし、子供は今まで通っていた環境ががらりと変わり引っ越しをしたのならば、新しい友達を作ることができるまで時間もかかります。
多くの環境の変化にすぐに馴染むことができればいいのですが、今までの家庭での楽しかった日々に戻りたいという気持ちも出るかもしれないのです。
親の気持ちも大切ですが、子供が今どういう心境にいるのかを常に考えて上げるようにし、会話も多く取り込むようにして不安を解消させてあげる事をしていかなくてはならないのです。
そして、成長とともに成人していけば一人の大人になり環境というものを理解してくれるようになるのです。”