両親の離婚は子供にとっても大きなダメージ!

家族の形にはいろいろあります。

最近では離婚もかなり当たり前の世の中になってきました。

しかし今も昔も変わらないのが、離婚が与える子供への影響です。

離婚によって、当たり前にあった環境が崩れることは、それだけで子供にとって大きな影響があります。

 

 

子供は自分が原因で両親が離婚することになったのではないか、または学校で離婚のことをまわりに知られたくないなど、心の中で多くの問題を抱え込んでしまうケースも少なくありません。

 

 

それが、親への不信感や、引きこもりなどを引き起こしてしまうこともあるのです。

また、家庭内暴力など、家族でいては身の危険がある場合の両親の離婚も考えられます。一見、解決したかのように見えるこのケースも、こどもが大人になってから、自分の配偶者に同様に暴力をふるう、または結婚をしない、結婚に価値が見いだせないといったことが起きてきます。

子供は1番身近な大人である親を見て育つゆえに、親が自己を形成する一部にもなるのです。

離婚は両親の問題ではなく、これから大人になる子供に1番の影響を与えることを考えなくしてしてはいけません。

万が一、それによって子供の心に何かが残ってしまた場合、一生苦しむのは子供です。

親になった以上、子供の成長にも責任をもつ覚悟で離婚を決断しましょう。”